令和6年分で会社からの給与所得1000万円以下で、なおかつ所得48万円以下の配偶者がいる場合、令和7年度住民税は特に減額されない。ところが副業があって確定申告で1000万を超えた場合、令和7年度住民税に配偶者分の1万円?の減税が入る。 つまり副業センサーの役割を果たす可能性?

副業

コメント

  1. comment_52 より:
  2. comment_07 より:
  3. comment_46 より:
タイトルとURLをコピーしました